2006年10月17日

こんな夢を見た

広大なススキ野原―

一人の女が走ってくる。年は17,8、忍者風のいでたちである。
その後方には、敵の忍者の一団が迫っている。

ついに追いつかれ、囲まれた女忍者は、刀を抜き身構える。
一斉に襲い掛かる敵忍者、一族の宝である宝玉を守る為
必死に応戦するも多勢に無勢、窮地に追い込まれる。

その時、女の弟が象にまたがり助けに来る。そしてもう一人――
続きを読む
posted by N at 14:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。