2007年05月08日

人間ドック

今日、半日人間ドックに行ってきた。
特に具合が悪いわけでは無かったが、一度行ってみたかったのだ。
何もなければ、それに越した事はないし。

…というわけで、昨日の夜9時から食事禁止、当日は検査終了まで飲食禁止…

すきっ腹をかかえて病院へ、意外と人がいてビックリ。
中高年の人が多いだろうか、夫婦で来ている人もいた。

まずは受付で検便を提出、その後検尿と採血。
針の刺さる瞬間は献血等で何度経験しててもドキドキする。

肺のレントゲンを取り、眼圧、網膜検査。
眼圧検査は初めてだった、まさかあんな勢いで目に風を当てるとは思っていなかったので、思わず目をつむりそうになってしまった。
続いて身体測定、聴覚検査、肺活量検査と健康診断でもやったことのある検査が続き、超音波検査を受けた。
よく妊婦が胎児の状態を見るのに使う、あれだ。
お腹にあてがわれる検査機はかなりくすぐったかったが、なんとか平静を装い検査してもらう。
検査中画面を見たが、なにが何の映像なのかさっぱりわからなかった。

次に、胃のレントゲンを取る。バリウムを飲む、おなじみの検査である。

自分もバリウムを飲むのかと思っていたら…、渡されたのは、なにやら顆粒の物体。
それが発泡して、胃を広げるという。
「今はバリウムじゃないのか…」
そう思い口に入れると、やたら酸っぱい、水で流し込む。
ゲップが出そうになるが、我慢するように言われる。つらい。

そして、バリウムを渡される。やっぱりバリウムは飲むらしい。

一口味見をさせられる。意味は分からない。
ヨーグルトと石膏の中間の味がした。石膏は飲んだ事ないけど。

そして台に乗る、ベッドを立てたような検査台だ。
正面からレントゲンをとる。

すると、台が動き出した!
そのまま仰向けの状態に…。指示通りうつ伏せになったり、横を向いたりしてレントゲンをとる。
動くたびに、ゲップが出そうになるが、こらえる。

レントゲン終了後、ようやくゲップが出せる!…と思ったが、出ない。かなりモヤモヤする。

次は糖尿検査。ブドウ糖(サイダー)を飲む。ようやくゲップが出た。スッキリする。
赤ん坊が食後に必ずゲップをさせなければいけない理由がなんとなく分かった。

しばらく経ってから、検尿&採血。

その後、問診までしばし待つ。
その間、サンドイッチを一つ貰った。ようやくの食事。
自販機のカフェオレが美味しく感じられた。

問診をして、全検査終了。現段階で問題は全く見つからなかった。
詳しい検査結果は後日郵送されてくる。
時計を見ると、ちょうど昼時だった。

結構面倒で、費用もそれなりだが、これで病気が早期発見できるのなら、やはりやるべきだと思った。
半日の簡易版だが、定期健診より詳しく調べて貰えるし、問題が見つかった時もすぐに対応してくれるそうなので、健康で安心の生活:プライスレス。と言ったところ。

問題が無くても、来年か再来年にもう一度やろうっと…!
posted by N at 15:47| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。