2006年10月23日

ニート=?

すっかり定着した感のあるニートという言葉
定着するのがいい事か悪い事かはともかく、とにかく知名度はあがった

だが、正しく認識はされているだろうか?
ニート=引き篭もりと考えてしまいがちだが、「職につかず、またつく意欲もない」のがニートなのであって、アウトドアが趣味なニートもいるだろうし、社交的なニートもいるだろう。

なぜ彼らはニートなのか?分かりきった事だが、それは楽だからである。
働かなくても、親の家に住み、親が作る飯を食い、お小遣いもくれる。
じゃあ働かないやってのも無理はない。働くより趣味に生きた方が楽しいからである。

人に飼われた動物は、自らエサを採る術を忘れ、二度と野生に戻れないと言う。
野生に戻すには、少しずつエサを採る術を教えなければならない。
突然野に放たれてもどうしていいか分からずに野垂れ死んでしまう。

ニートとはまさにそれだ。
少しずつ、世間の厳しさにならさなければいけない時に甘やかすから、いつまでたっても自立できないでいる。エサを採る術がわからないのだ。

人間社会でエサを採る術とは、金儲けだけではない、人とのつきあいや、いたわり、自制心など細かく記すと非常にたくさんのことが必要だ。

だが、これらはしばしば一つの言葉で言われてきた


「お天道様に、胸張って生きなさい」


これほど的確かつ分かりやすい言葉が他にあるだろうか。
お天道様に胸を張るとは、つまり自分自身にやましいところが無いということである。
誰の目があるとか、誰に迷惑かけているとかではなく、自分自身が、行動基準なのだ。

そしてそれは、幼いころの親の教育によってのみ培われる基準なのだ。
posted by N at 14:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | もの申す! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。