2006年10月14日

24時間鉄道

フジテレビ「知的冒険ハッケン!!」内で、公共交通機関の24時間営業についてやっていた。
海外数カ国では、バスや地下鉄などが24時間で運行しているとの事。

各機関では、「需要がない」「メンテナンスができない」等の理由で実施不可能という回答だったが、たとえば本数を少なく、深夜料金で運行してはどうだろうか?
現に、山手線を内回り、外回りのどちらかだけにしたら、可能だと言う意見もあった。
日本、特に都心で実施されたら、どれほどの人が助かる事か!

しかし、それに関してのコメンテイターの発言には呆れてしまった。曰く
「山手線が内回りだけになったら、東京から有楽町いくのに一周しなきゃならないという問題がでてくるよね」

山手線ひと駅分なら歩け!

仮に電車乗っても、一時間で付くんだから帰れなくなるよりはいいじゃないか!

曰く
「ますます夜型になって、体に悪いんじゃないだろうか?」

健康に気を使っている人は、そもそも終電ギリギリまで飲んでない!遊んでない!
終電逃して、ベンチやマンガ喫茶の窮屈なイスで寝るほうがよっぽど体に悪い!

この人たちは、終電逃すと言う事がどういうことかきっと分かっていないのだと思う。
そのような経験がないのだろう。
「地方に住んでる女の子と夜遅くまで飲める」という意見の方がなんぼか視聴者の共感を得るだろう。

大体、なぜ飲酒運転が減るというメリットに触れないのか?
VTRでもちゃんとやっていたのに…。

挙句の果てに、「需要があって採算がとれればいいんじゃないですか」
なんて、「ま、俺には関係ないけどね」みたいな締め方でもう…。

posted by N at 12:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | もの申す! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。