2007年09月18日

自民党総裁選

自民党総裁選挙が迫っている。
自民党員でもなんでもないので、どうすることもできないが、あっという間に福田氏優勢なのが気に食わない。
自分達の言う通りになりそうな人を支持するのは、小泉元総理で懲りているからだろうが…。その小泉氏も支持を出す始末、まぁ派閥的にそうなんだけど。

一転、地方の演説では麻生氏が人気らしい。やはりキャラ的な事だろうか。確かに話術は麻生氏の方が上だと思う。

この総裁選=総理大臣選の図式に、妻が言った。
「総理大臣は国民投票で決めればいいのに」

確かに、その通りである。自民党の総裁ならば、自民党内で決めればいいことであるが、それがそのまま総理大臣になるのはどうなのだろうか。
それよりもいっそ、各党で代表者を出し、国民投票で総理大臣を決め、その得票差で衆議院の議席も分配したほうがわかりやすいし、どの党も政権をとるチャンスがでてくる、政策にも力が入るというものだ。
地方の地盤も薄まる、そうすると、地方へのしがらみがなくなる。
純粋に日本国全体の事を考えられる。

…なんだか太田総理みたいな感じの展開だが、デメリットも確かにある。
地方が切り捨てられる、あるいは切り捨てられたという印象を強く与えてしまう。
それを防ぐには、まず地方議会の力を強める必要がある。
地方が、財政的にも行政的にもある程度自立し、政府と渡り合う事が出来ればよい。

少子高齢化対策にしたって、地域ごとにケースが異なるわけだから(お国柄も強く影響するだろう)地方議会に対策をまかせ、政府はそれを奨励していく、バックアップ役になるべきだ。
年金も以前のように地方で集金していたら昨今のような事態は防げたかもしれない。いわゆるリスク分散だ。

生活に密接することは地方議員に、国全体のことは政府に、そうすれば議員の数ももっと減らせるのではないか。
posted by N at 06:49| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | もの申す! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

安倍首相辞意表明

安倍首相が辞意を表明した。
所信表明を行ったばかりという、間の悪さ。
今年一杯は辞めないで欲しかったんだけどな…。

だが、辞めるタイミングは確かに悪いが
あれだけ「辞めろ辞めろ」いってた奴らが、
今度は「無責任だ!」「投げ出しだ!」と来たもんだ
「やれやれ、やっと辞めたか。さて、次はどうしようか」
ぐらい言えないのかね?
批判できればそれで良いのか?

辞める理由も一つではないはず。
間接的、直接的な原因が溜まりにたまっての事だろう。
でもしばらくニュースは、マスコミお得意の「答えの出ない原因探し」になるんだろうな。
posted by N at 16:56| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。